雨男・女は誰だぁ~、今年も雨だったのねぇ宿泊訓練!!

2017/10/29

 去る10月17日・18日、爽々苑では毎年恒例の年中行事である一泊二日の宿泊訓練に行ってまいりました。
 今年度は昨年の宿泊訓練以降に中途入所者が2名加わったとともに、体調面の不安からずっと参加できなかった方が、今年は絶対行きたいとしっかり体調を整え初参加となり、千葉県の勝浦を訪れました。
 今年は遡ると梅雨のあたりから空梅雨であったり、夏の終わりの記録的な長雨や、秋になってもあまり秋を感じさせない暑さ寒さ、そして台風等とにかく天候に悩まされてきました。昨年1日目が雨でしたので今年は秋晴れをと期待していたのですが、週間予報はがっつりと雨マークが日程にかぶっていました。結局願い叶わず、当日は雨の朝を迎えることとなりました。バスの配車の時間となりドライバーさんと顔を合わせてビックリしました。ドライバー付きのレンタルバスの利用が今年で3回目となるのですが、なんと昨年と同じ方が来てくださったのです。こんな偶然があるのかと、ドライバーの方もこちらに向かう最中アレ?来たことあるなと覚えてくださっていて、昨年とてもよくしていただいた方なので雨の中での出発でしたが、一気に安心感が膨らみました。
 千葉への道中ですのでやはりアクアラインを経由し、そうなると休憩は「海ほたるPA」、ただあいにくの天気なのでデッキへは上がらず、寒さもなんのそのでSA・PAの定番ソフトクリームを頬張る人がチラホラと。アクアラインを渡り切り千葉県に上陸すると、最初の目的地はお昼ご飯です。鴨川の海沿いに店を構える地魚磯料理の食事処「うおまさ」さんにて新鮮なお魚の定食をいただきました。お刺身はもちろんですがブリの照り焼きが美味しかったぁ~
 次の目的地は、かつうら海中公園・海中展望塔と海の博物館。ただ向うにつれ雨足は強くなり、展望塔はその名の通り海の中に建っているのでそこへ向かう道のりは雨で足元が悪く、またせっかくの海岸線の景色もどんよりかすんでしまっていたので、こちらの見学は断念しました。海の博物館の方は屋内施設でしたのでこちらの方は予定通り見学し、勝浦近海の海の生態を展示資料や映像資料から学びました。

 宿泊先は「かんぽの宿 勝浦」、宿へは予定より早く着いた分過ごす時間も長かったので、各部屋でのメンバー同士の交流も深まったかなぁ・・と?夕食も海の幸がメイン、どのお料理も皆良いお味で、ご飯のおかわりも進み美味しくいただきました。
 これまでは夕食後にはカラオケをすることが多かったのですが、今年はカラオケを止めて、皆で参加できるトランプのババ抜きをすることにしました。人数が大勢なので、3つのグループに分け各々上位2名・下位2名同士が集まり、そこからババ抜き最強王・最弱王を決めました。ババを引くとすぐ顔に出てしまう人、ポーカーフェイスでいられる人、なぜか手札を見せながらやっちゃう人、個性がそれぞれで中々盛り上がりました。さてさて写真のお二人、一体どっちがどっちでしょうか・・・?

 2日目は雨続きの予報の中、谷間でピンポイントの晴れが予報通りにやって来て、久しぶりの青空が朝から見られました。昨日から一転、部屋からは水平線が望めるほどお天気は回復してくれました。バイキングでの朝食でしっかりお腹を満たし、この日は東京ドイツ村を訪れました。施設内を車で移動できるほど広大な自然に囲まれており、この時期紅く色づいたコキアが斜面いっぱいに広がるコキアの谷は圧巻でした。アップダウンのある敷地内の散策は良い運動にもなりました。
 帰りの道中、再び休憩には「海ほたるPA」に寄り、長めの休憩時間をとってこの日はデッキに上がり景色を眺めたり、お土産散策を楽しみました。帰りは時間帯が良かったのか、高速で渋滞に遭うことなく予定時間より早めに帰着することが出来ました。2日間の行程を通して里美交通のコイケさん、今年も大変お世話になりました。有難うございました。
 昨年と同じような天候パターンとはなりましたが、今年もまた日頃の仕事のことは一時忘れ、仲間たちと楽しく過ごすことでリフレッシュできたのではないでしょうか。

爽々苑アクセス

〒182-0035
東京都
調布市上石原3丁目7番地8
TEL:042-480-8294
メール

関連リンク

特別養護老人ホーム 高齢者在宅サービスセンター爽爽荘

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る